« 酒・酒・酒 | トップページ | 2010年 »

2009/12/29

酒・肉・酒

12月某日。

9時過ぎ出陣。今日は新規開拓するぞと気合いを入れ、
前から気になっていた"Bistro 2'eme Campagne"へ。
大通で電話をし、空席を確認。勇んで店に入ると、
「バル・エスパーニャ」にいた水野さんの出迎えにびっくり。
言われてみれば、以前こちらに移られたと聞いていた。
アントレには「オマールとフォアグラのパイ包み焼き」、
メインには「エゾシカの赤ワイン煮」をもらう。
ワインは南仏を中心に赤を3-4杯。
ワイングラスが立派であることを除くと、
フランスの街場によくある安ビストロで
定食(ムニュ)を食べてる感覚そのものであり、
客にフランス滞在経験者が多いというのも頷ける。
ワインサービスの男性も向こうで3年働いていたそうで、
久しぶりにフランス(≠おフランス)の話ができて、楽しかった。
フレンチ=高級、上品、洗練、デートスポットというイメージを
繰り返すメディア情報に日々晒されている日本人には、
違和感があるかもしれないが、フランスでは(当たり前だが)、
労働者階級のオッサンも田舎の農夫もフレンチを食べる。
フランスの雑然とした匂いのするお店が札幌にあってうれしい。

精算をしていると、tam-booさんからメールが届く。
合流して向かったのは、お互い初めての「ノムラーノアグラ」。
「タラのブランダクイヨン」と「エゾシカ肉のラザニア」→「サリュ」。(つづく)
 
12月某日。
焼肉→「オニヒゲロック」→「おたこさん」。(つづく)

|

« 酒・酒・酒 | トップページ | 2010年 »

コメント

怒濤のブログアップですね(笑)。
それにしても、「おたこさん」率が高いような…。
気になるので、今度行ってみます!

投稿: ふくちゃん | 2009/12/31 12:44

ふくちゃん

普段は外食することも減ってしまったので、
たまの機会に爆走してみました。(笑)
ブログも半年ぶりで、文章も走りすぎました。(苦笑)

投稿: nn | 2010/01/02 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒・肉・酒:

« 酒・酒・酒 | トップページ | 2010年 »