« 天然ガキ&サバ棒寿司 | トップページ | 酒・酒・酒 »

2009/12/25

『おいしい札幌出張」&初ガメラ&活ナマコ握り

41jzuulefil_sl500_aa240__2

12月某日。

1~2年ぶり?にCDショップに寄り、11本大人買いする。「相対性理論」の「シフォン主義」&「ハイファイ新書」がツボにはまる。懐かしい感じの、アタマがとろけそうなゆるい歌詞。ちょっとヤバい。「♪私もーやめた 世界征服やめたー 今日のごはん 考えるので 精一杯ー」
ついでに、NINTENDO DSiLLを衝動買いしそうになったが、かろうじて思いとどまった。

さて本題。

全国の小西由稀ファンが長年待ち望んできた初の単著が、クリスマスを前に発売された。
小西由稀『おいしい札幌出張~45の美味案内』、エイチエス、1000円

札幌のグルメガイドなら、書店のブースを丸1つ占拠するぐらい、すでにたくさん出ている。それらの多くには、本書よりも多数のお店の情報が掲載されていることだろう。お店の掲載数と割引サービスを重視する向きには、ホットペッパーをはじめとするフリーペーパー各誌もある。俺様ぶった切りのグルメ批評なら、ネットの世界に溢れている。

本書は、札幌の食の世界を、より深く楽しみたい人たちのための、読み応えたっぷりの「読み物」だ。「ガイド本」でもあるので、美しい料理やお店の写真もたくさん載っているが、主役は文章である。料理や食材の話、店主の生い立ち・人柄から、お店の雰囲気、楽しみ方まで、一店一店について、丁寧な取材を基に書かれた768字(×45店= 34,560字+α)のエッセイに、著者・小西由稀さんの文章の魅力が凝縮されている。

往々にして、相手を深く知り、思い入れが強くなると、文章は押しつけがましくなるものだが(私の文章がそうであるように)、彼女の文章からは、不思議とそういう匂いを感じない。
彼女の文章と、「食べ手至上」のグルメ批評を分かつのは、「作り手への愛」だ。しかしそれは、食べ手を下に置いて、作り手にスポットを当てる「作り手至上」とも異なる。作り手に思いを致すその文章は、あくまで食べ手の目線に寄り添って書かれている。食べ手と作り手、双方への優しい眼差しと思いやりが随所に滲み出ているのである。彼女の人柄、20年のキャリアに裏打ちされた絶妙なバランス感覚と豊かな表現力に、食べ手も作り手も信頼を寄せる。さらさらと書いた文章ではない。彼女だから書きえた、プロの仕事である。

出版おめでとうございます。たくさんの人から愛され、札幌の食文化、メディア文化の発展に資する一冊となることを心から願っています。
 
 
・・・そんなわけで、日々の仕事は山を越え、家族は一足先に実家に帰省。久しぶりの独身生活だ。4月入社の新人君に声をかけ、下の記事以来の「おしどり」(2回目)へ。カバンの中にはもちろん「おいしい札幌出張」を忍ばせて。

とりあえずのお通しに続いて登場したのは、ホタテ、カレイ、エビの刺身3点盛り。新鮮なホタテは、ヒモもキモもあますところなくうまい。さっそく日本酒がほしくなる。

続いて出てきたのは、旬の味「タチカマ」のあんかけ。こちらのタチカマはカマボコぽくなく、ねっとりとけていくその食感は、昔、京都で食べたことのある「かぶら蒸し」のようだ。(あやふやな記憶だから違うかも)

握りのトップバッターは、「ガメラ握り」。みんなのブログで何度も写真を見、味と食感を想像し、唾を呑み込んできた「おしどり」の看板料理で、「おいしい札幌出張」の写真もこれ。格子状に包丁を入れたアワビを一口で頬張ると、口の中に心地よい磯の香りが広がる。正直、これまで磯の香りはそれほど得意ではないと思っていたが、価値観が変わった。

カレイ、マグロ、イクラなどを美味しくいただき、最後にもう1つ、磯のサプライズが待っていた。「活ナマコの握り」だ。爽やかな磯の香りに、こりこりとした食感はアワビに通じるが、ねっとりとした食感も味わえる。海の世界にどっぷり浸って、日本酒を傾ける幸せ。ゆうさんのしゃれっ気たっぷりのプレゼンは、いつもながら客人を楽しませてくれる。〆にはサバ棒寿司を。

2軒目は最近よくお邪魔する「おたこさん」に移動し、「チャイナタウン」と「なめたけバター」のたこ焼き2種。新人君と別れ、ワインが飲みたくなったので、「サリュ」に移動するも満員御礼につき、「ブラン」へ。イブを楽しむ恋人達の波はすでに引いたあと、おひとりさま族も今宵ばかりは姿を見せず。一人カウンターに陣取って、三上ソムリエールを独り占めし、彼女並びにイエズス・キリストの誕生日をお祝いする。ステーキ・タルタルをチビチビつまみながら、マグナムの泡とブルゴーニュの赤を一杯。すべての人々に神の祝福があらんことを。

ごちそうさまでした。

091224_204001

|

« 天然ガキ&サバ棒寿司 | トップページ | 酒・酒・酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『おいしい札幌出張」&初ガメラ&活ナマコ握り:

« 天然ガキ&サバ棒寿司 | トップページ | 酒・酒・酒 »